桜冷え対策にほっと腹巻!口コミ情報をまとめてみました

 

この記事を書いている人 - WRITER -

4月に入ってようやく春を実感する日も増えてきましたね。
でも油断は禁物。この時期は「桜冷え」と言われるように、一時的に冷え込むことも多い季節です。その対策に持って来いのアイテムが今日ご紹介するほっと腹巻」。薄いのに温かいこのほっと腹巻の口コミ情報をまとめてみました。
今年の春はオシャレに冷え対策を行いましょう♪

スポンサードリンク

桜冷え対策の「ほっと腹巻」とは

桜冷えとは「花冷え」と同じ意味で、桜が咲く頃の一時的な冷え込みの事を言います。
陽気に誘われてお花見に出かけたものの、寒さにブルブル…ってことありませんか?コレ昨日の私です(笑)。
しかも午前中はポカポカ陽気だったのに、昼過ぎから急に曇りだして風が冷たくなったんですよね。まさにこれが桜冷えだったのでしょうか。本当に冷えました。
そんな桜冷えの対策に冬物のセーターやコートを着るかというと、それはちょっと気が引けますよね…。
そんな人にオススメなのが今日ご紹介する「ほっと腹巻」なんです。

海底火山の力をギュッと閉じ込めた「αオーラわた」で作った糸で編み上げたほっと腹巻。体温を蓄熱して冷えやすいおなかをしっかり温めてくれます。
通常の腹巻きと違って冷えやすい脂肪部分までしっかり温まるのが特徴で、おなか以外の指先まで体全体がポカポカ温まります。
多少汗ばんでもすぐに乾いてベタつかないのも嬉しいです。温度調節が難しい春先のオシャレに重宝する一枚となっています。

ほっと腹巻の口コミ情報

腹巻きって夜寝たりするときはいいですが、ちょっとでもウエストを細くみせたい女性が外出する時に付ける気はしませんよね。
でもこのほっと腹巻きは”薄いのにあったか”を売りにしています。
実際の口コミ情報を年代別にまとめてみましたので、ご参考にしてみて下さいね。

【30代女性】
・夏でもおなかやお尻、太ももが冷えて悩んでいたのですが、今まででこんなに温かくなったことはありません。平熱が36.5度位まであがりましたから。洋服に響かない薄さがとてもいいです。もっと早く知りたかった。
・今まで色んな温め雑貨を使ってきたのですが、このホット腹巻は「カイロつけてたっけ?」と思うほど温かく、生理中の痛みも和らいだように感じます。

【40代女性】
・薄いのにつけてみるとほんわか温かくて気持よく、仕事中のお腹の張りや足の冷え、むくみが軽くなりました。ほっと腹巻をして犬の散歩に行くと、同じ距離なのに身体が温まってダイエット効果も期待出来そうです。
・私は冷えが酷いのでいつも2枚重ねて着用しています。夜も一度も目覚めること無く熟睡できますし、春になってポカポカお腹になり、くびれたウエストを目指しています。

【50代女性】
・寒い地方に住んでいることもあって特に足が冷たくて眠れなかったのですが、ほっと腹巻を付けるようになって部屋は寒いのに布団の中が暑くて目が覚めます。肩や背中のコリも楽になって助かっています。
・自分が使ってとても良かったので、20歳の娘に勧めました。すると便秘が酷かったのが治り、ちょっと肥満体型なので少し痩せるといいなと期待しています。

スポンサードリンク

まとめ

先程も書きましたが、昨日の花見は本当に寒かったっです。一緒に言ったママ友たちも「寒くなってきたから帰ろ!」と言って早々に撤収しました。子供たちは走り回っていたこともあって半袖の子もいて、本当に元気ですよね。
そういうのを見るとやっぱり年をとったなぁと感じてしまいました。

今日はほっと腹巻きをご紹介したのですが、正直言うとまだ抵抗があります(笑)。腹巻きってお年寄りとか小さい子供がするものだっていう先入観がありまして。
でも、そろそろそんなことを言ってる場合じゃない年代に入ってきたんだなぁと実感しました。
とりあえず、今年はノー腹巻きで乗り切って、今年の冬あたりから検討したいと思います。口コミを見ると意外と薄いらしいのでバレないならつけない手はないですからね。

スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -